EXHIBITION

西崎 智 Satoshi Nishizaki

  • 西崎 智

    光鐘 黒炎
    w13 x d11 x h21 cm

  • 西崎 智

    光鐘 龍紋
    w9 x d9 x h17 cm

  • 西崎 智

    麒麟
    w38 x d18 x h28 cm

INFORMATION

PROFILE

1962 愛知県に生まれる
1991 日本板硝子 NSGコンテスト 奨励賞(’92)
2003 山口県に移住
2005 SOFA Chicago:シカゴ(’06,’07)
2006 SOFA New York:ニューヨーク(’07, ’08,)
2009 National Liberty Museum Glass Now 2009:フィラデルフィア(’11,’12)

主な収蔵先

Museum Fur Kunst Und Gewerbe Humburg:ドイツ(グラフィックデザイン)
Berengo Museum:イタリア
National Liberty Museum:アメリカ

VOICE

今回、KAM2014に出品した自身の作品について、こだわった点、苦労した点、
作品に対する思いをお聞かせください。
今回の展示では"光鐘シリーズ"も数点展示させていただきます。「光鐘」とは御家族や親しい方を見守る御身燈として制作したものです。陶器と硝子という異質の素材を組み合わせることで斬新な作品に仕上がったと思っています。
これまでにたくさんの作品を制作してきたと思います。あなたはなぜ作品を作るのでしょうか?その理由と制作に取り組むときに大事にしているポイントをお答えください。
東日本大震災からもう3年がたちました。あの出来事以来、私の中にも身近な人に対する思いやりの気持ちがより強くなった気がいたします。勿論、作品創りも祈りをテーマに制作することが増えてきました。これからもより多くの方に安らぎを与えられるような作品創りができたら幸せです。
出展作品の制作過程と作品に対するコンセプトを教えてください。
最近制作している作品は、異質の素材を組合わせたミクストメディアが多くなってきています。素材は主に硝子と陶磁器を使用し、硝子は5mmの板硝子をカットし切断面を研磨したうえで積層接着をしています。陶磁器は、硝子では表現しにくい繊細な造形部分に使用しています。
作品のコンセプトは光の彫刻をコンセプトに、癒しや祈りをテーマにしています。

GALLERY

悠遊舎ぎゃらりぃ

FLOOR MAP

  • INDEXINDEX
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • Google+Google+

KOBE ART MARCHE

PAGE TOP